昭和55年創業以来抜型一筋、抜型製作のことなら精工抜型へ

精工抜型について

お客様の声をカタチにする会社です。

精工抜型は昭和55年の創業以来一貫して抜型の制作に携わってまいりました。
他社では出来ない材料、複雑な形状の抜型でも熟練の職人たちが手作業により一つ一つ丁寧に仕上げていきます。

昭和55年創業

EST.1980

精工抜型は昭和55年の創業以来一貫して抜型の制作に携わってまいりました。
そして、21世紀に創業30周年を迎えて、精工抜型が蓄積してきたサンプル図 約500種を
製函設計として編纂し、微力ながらパッケージ産業に貢献させて頂いております。
今、新たな分野で「抜型」の可能性をご提案することや、
お客様の課題をより高いレベルで解決していくことを目指して、社員一同取り組んでおります。

私たちの想い

OUR MIND

私たちの想い

私たちはこの3つ想いを大切にしており、
お客様はもとより、社会の新たな選択肢のひとつとして成長していきたい。
更には、日本のモノづくりをもっと活性化させていきたいと考えています。
創業以来一貫して抜型の制作に携わって得た揺るぎない技術力と、
精工抜型ならではの強みである対応力を生かし、
今までにない価値の創造に、精工抜型は挑戦していきます。

思いやりを持って

COMPASSION

精工抜型のご依頼はお客様からの口コミによるご紹介が多いのが特長であり、また誇りです。
精工抜型がお客様に提供する価値は「思いやりを持った対応」です。
つまり、私たちの事業は、すべてのお客様と信頼関係を構築することです。
ご相談から納品、アフターフォローまで、
すべてにおいて「精工抜型に頼んでよかった」と思っていただくこと。
それが私たちの使命であり、喜びです。

徹底した品質管理

QUALITY

誤差0.05mmまで対応可能なプリント基板や
液晶フィルム抜型については当然のこと、
紙器、ダンボール、シール・ラベルなど
その他の抜型製作においても正確な製品をお届けするために、
【試抜き】、専門検査設備での【検査】を行っております。
正確にお客様のニーズを形にする。そのための徹底した検査体制です。