昭和55年創業以来抜型一筋、抜型製作のことなら精工抜型へ

抜型技術

紙器、ダンボール、ラベル、パッキン等の各種抜型の製造

精工抜型は、抜型づくり一筋で品質の良い抜型を提供しております。

紙器抜型やダンボール抜型製作をはじめ、ラベルの抜型、ガスケット・パッキン、プリント基板や液晶フィルムなどの抜型の製造、
ピナクルダイを使用した精密な抜型などに幅広くご対応しております。
豊富な経験・知識・技術でお客様のニーズにご対応いたします。

品質管理には絶対の自信があります。徹底した検査体制による正確な製品製作を行っております。
誤差0.05mmまで対応可能なプリント基板や液晶フィルム抜型については当然のこと、紙器、ダンボール、ラベルなどその他の抜型製作においても正確な製品をお届けするために、 【試抜き】、専門検査設備での【検査】を行っております。
正確にお客様のニーズを形にする。そのための徹底した検査体制です。

製造品目

PRODUCT

ビク型、トムソン型などの刃を使用した、抜き型、抜型・金型制作を一筋に、薄いフィルム、ゴムなどの薄い材質から厚いものまでどんな抜型でも制作致します

ご注文の流れ

FLOW

ご注文の流れ

まずはお電話にてご連絡ください

まずは電話(022-284-0116)又はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。担当の者が詳しくお聞き致します。

サンプルカット

通常、図面のデータ、製造させていただく抜型だけでは実際に製品が生産されるまで、視覚的に把握することは困難です。

精工抜型では、豊富な経験と技術により正確な抜型製作をさせていただきますが、実際に生産される製品をサンプルカットでお作りすることで、視覚的・立体的に製品を把握し、事前に検討することができるため、修正などによる工程の逆行を防ぎスムーズな生産工程を実現することが可能です。

抜型制作

職人が手作業による抜型の制作とCAD/CAMによるデータを入力する場合に分かれます。
機械による制作でもこまかい補正などは、やはり職人たちが一つ一つみていきます。

検査・測定

精工抜型が一番力を入れている部分と言っても過言でありません。
抜型の品質には自信を持っていても、目に見えないほどの誤差や実際に商品を「試抜き」してみないことには完成とはいえません。

出荷・納品

抜型の検査・測定が終わり初めて納品となります。